エンジンオイルの交換方法【動画あり】

オイル交換動画

エンジンオイルの交換時期は?

エンジンオイルは自動車にとって必要不可欠なものです。エンジン内の潤滑や高温を防ぐ役割。また燃費にも影響が出てきます。そんなエンジンオイルの交換時期は5000kmまたは6カ月毎に交換したほうが良いでしょう。

ここ最近はエンジン、エンジンオイルとも性能も上がり交換時期が伸びても問題ないとの見方もありますが、エンジンを始動しなくでも自然と劣化してくるものなのでやはり半年ごとの交換はしたほうが良いでしょう。

ずっと交換しなかったらどうなる?

エンジンオイルの交換は主にディーラーやガソリンスタンド、カーショップなどで出来ます。その為、『時間がない』『面倒くさい』など1年以上交換しない人や車検時にしか交換しない人も少なくないはずです。

しかし、年式経過や走行距離が増えていくとそうは言ってられません。エンジンは複数の部品で構成されておりその内部はエンジンオイルで機能しています。エンジンオイルの量が減っていたり、汚れがひどくなるとガスケットの劣化、エンジンオイルの通り道が詰まり出したり故障につながることもあります。
エンジン内部

自分でやるエンジンオイルの交換

では、エンジンオイルを自分でやってみようというチャレンジャーのあなたに必要工具と作業の手順を解説していきます。あくまで自己責任でお願いします。

まず、作業に必要な工具はコレ

車載ジャッキ
レンチ(14mmもしくは17mm)メーカによってはインチサイズあり
車載ジャッキ
あとは廃オイルの受け皿と処分するパック
オイル交換動画

動画はエレメントまで交換していますが、ずっと交換していないオイルの汚さが分かると思います。また、作業自体も意外と簡単なんですよね。何度も言いますが事故にはくれぐれも気を付けて、自己責任でお願いします。

 

 

SNSでもご購読できます。