売却時期と査定価格の関係

車を売る良い時期と悪い時期はあるのか

ディーラや大手中古車販売店は主に3月と9月が決算時期です。その影響で3月登録の車と9月登録の車が非常に多いのが分かります。その時期の各地の陸運局は登録待ちの車で大渋滞を起こすほどです。なぜ決算時期に車の販売に力を入れるのかはいうまでもありませんが、新聞折込のチラシやテレビCMなど盛んに宣伝されます。しかし、その決算セールの内容はというと大して通常の値引き額と差はないのです。それでも営業マンたちは必死に販売台数を伸ばすのです。

 

実はこの3月と9月は登録台数が多いと同様に下取車や買取車も増加します。これら下取車や買取車のほとんどはオートオークションへと出品されるのですが、台数が増えれば増えるほど買い手業者には選択肢が増えます。ということは無理せず仕入れが出来るということです。

 

『3月、9月は中古車の相場が高い』というイメージがありましたが、新車決算セール同様に中古車の相場もほとんど変わらないのです。特に3月は年度末ということもあり翌新年度にかかる自動車税を止める為に慌てて買い替える人も多いのではないでしょうか?この自動車税は月割で支払いが出来る為4月に手放したとしても1か月分の支払いため、3月中に買い替えなければならないということはありません。

 

しかし、逆に車を売る悪い時期は12月です。翌月には新年を迎えるため、年式が1カ月の差で1年古くなるのです。ひと昔前のように『正月は新しい車』と言う人も今では少なく、12月中に車を買い替える人が少ないためにその月中に下取車や買取車が捌ける確率が非常に低い月でもあります。

 

当然、中古車の一番のセールスポイントである年式が1年落ちるわけですから販売価格や買取価格もそれに合わせる必要があります。『あけましておめでとうございます!』と同時に値が下がるわけではありませんが、新年初売りセールはこのためにあると言われています。

 

余談ですが、3月は買い替えだけでなく車検も同時に殺到します。3月の陸運局は新しい車の登録と下取り車の名変と3月に買い替えなかった人の車検で通常の3倍から5倍の忙しさと言われていて、自動車業界では1年で最も忙しい時期なのです。

 

 

カテゴリ:車の正しい売り方 

ページの先頭へ