車種や状態で査定額を上げる方法

車種や状態で査定額を上げる

車を売るときに少しでも高く売りたいというのは絶対条件でしょう。
しかし、車種や状態によっては相場が決まっている為、希望金額に満たない事があります。
車種の場合、ボディーカラー、グレード、装備によってその査定金額は上下します。
パールホワイトやブラックは車種に問わず人気色のため相場よりも上回る事が多く見られます。
逆に不人気色はレッド、グリーン、ブルーといった原色系。シルバーやガンメタが相場の基準と思っていいでしょう。
グレード、装備面では最近の車はベースグレードでもスマートキーやオートエアコン、ディスチャージライトが標準装備となっている車が多く、プラス査定の対象となるのがナビやETC、革シート、サンルーフ。ミニバンでいうとパワースライドドアが10万〜30万ほど上がります。
ボディカラーと装備面が人気の対象となれば相場よりも50万アップも充分に見込めます。
しかし、その車が事故車となれば話は変わります。当然、同じ事故車と比較すれば高く売る事ができます。が、中古車市場では、いくら人気車、人気色、フル装備でも事故車となるとなかなか受け入れてくれるお客さんはいないでしょう。それほど事故車の価値感は低いのです。
事故車は極論ですが、外装が傷だらけ、へこみも多い場合はその修理代金を一度算出してどれほどの差があるのか調べる価値はあると思います。
つまり、外装は無傷だけど事故車と傷だらけ標準へこみだらけの無事故車はどちらが高く売れるのかということです。
例えば
無傷の人気対象車が100万円とします。
無傷の事故車→50万円
傷だらけの人気対象車→傷の状態によりますが、修理代金が30万となれば60万〜70万というふうに無傷の相場から修理代金を引いた金額が査定価格となるでしょう。
この修理代金が30万よりもどれほど安く見積れるのか、直した状態でどれほど高く売る事が出来るのかがポイントとなります。

カテゴリ:未分類 

ページの先頭へ