中古車の相場と実際の査定の違い

中古車の相場と実際の査定の違い

中古車の相場は主にオートオークションで競り落とされる価格の平均価格を相場といいます。当然全く同じ程度や状態の中古車はな存在しない為、下限もあり上限もあります。

買取店などに『この車いくらくらい?』と尋ねても、『だいたい○○万円から○○万円くらい』と曖昧な回答しかされないはずです。そして『見てみないと分かりません』と車を見せるように催促されるはずです。これは、営業実績を上げる為でなく、本当に実際見てみないと車の状態や装備品などで査定金額が数万円から数十万円の差が出る為です。

そして、間違っても中古車雑誌や中古車検索サイトで展示されている車の販売価格が相場と思わないことです。『○○にこのくらいの価格で売ってたから査定価格もこれくらいだろう』なんてことをいうと赤っ恥をかくことになりますのでご注意を!

中古車の場合、仕入れた金額から展示するまでの陸送費、整備費用、修繕費、名変などの手続き費用など様々な費用が加算されます。もちろん会社を経営するにあたっての利益も上乗せされます。具体的な金額は伏せておきますが、おおよそ売価の20万円前後を差し引いた価格が中古車の原価すなわちオークションの相場と言えるでしょう。

買取店による査定価格の差

ディーラーや中古車販売店、買取り専門業者などによって査定金額が異なるのはオークションに出品するのを前提に買い取るのか、売却先が決まっているのを前提に買い取るのかで大きな差が生まれます。

オークションに出品するにあたり会場まで運ぶ運搬費、出品料、成約料など数万円ほど費用が掛かり、希望金額で落札されるのかは実際にオークションにかけないと分からない為相場より安く買い取る必要があるのです。

すでに売却先が決まっている場合は、売却先から提示されている金額で買い取ればいいわけですから何の負担もなく買い取れます。よって、すでに売却先が決まっているほうが高く買い取ることが出来るのです。

さらに言うと、程度のイイ車、人気がある車よりも海外で輸出される車、海外で人気が高い車の方がさらに高い査定と言えます。これら海外で人気がある車はオートオークションには出品されず直接海外輸出業者へ転売されることが多いので中古車販売店や買取業者では情報が入ってこないことが多いのです。

そんな海外輸出業者はこちら海外輸出のカーネクスト

 

 

カテゴリ:車の正しい売り方 

1 2 3 8

ページの先頭へ