修復歴の基準

修復歴ありの査定基準

車の査定をするににあたって基準となる一つのラインがあります。それは、修復歴があるかどうかです。

修復歴とは事故を起こした車を原状回復するために修理した車の事です。俗にいう事故車というわけです。

では、修復歴ありと判断される査定の基準を解説していきましょう。

フロント廻り

コアサポートの交換
クロスメンバーの損傷または修理跡
ライトバッフルの損傷または修理跡
インナーフェンダーの損傷または修理跡
ダッシュパネルの損傷または修理跡

サイド廻り
フロント、センターピラーの交換跡
フロアの修理跡
ルーフの交換跡

リヤ周り

エンドパネルの交換跡
トランクフロアの損傷または修理跡

※損傷・・・凹み、キズなどの損傷。修理跡・・・部品交換、板金修理。

修理した車でも修復歴がない車

事故を起こして修理したにもかかわらず、査定してもらうと修復歴なし(無事故車)という査定結果だった人も少なくないはずです。それは、前に解説した基準を満たしてないからです。

具体的に言うと、例えば走行中に電柱に突っ込んで、修理内容がボンネット交換、フロントバンパー交換、ヘッドライト交換とします。この場合、クロスメンバーやライトバッフルなど骨格にあたる部分の修理を行っていない為、修復歴なしと判断されるのです。

修復歴がない車は骨格の部分の修理を行っていないということなんです。バンパー、ボンネット、フェンダー、ドアなどは骨格を覆う部品となるため、それらの部品交換は修復歴の基準とならないのです。

査定士や買取店による事故車の価格

当然ながら、車を査定するのは人間です。車の査定は目視するほかありません。なにが言いたいかというと、修復歴の部分を見落とすこともあるということです。

特にエンジンルーム内はエンジン以外の多数の部品によっておおわれていますので、フロント廻りの修復歴を見落とすことが少なくありません。買取店の新人査定士や普段扱わない外車など得意分野でない車を査定する場合などに多くみられます。

逆に専門店ならではの買取り査定価格というのもあります。ランクルなど4WDやハイエースなどのバンは中古車市場でも常に相場が高く、海外へ多く輸出されているために、修復歴ありの車でも無事故車と差がないほどの査定金額が出ることもあるのです。

つまり、修復歴アリの車だから査定金額を諦めるのは早いのです。修復歴アリだからこそ買取店を慎重に選ぶ必要があるということですね。

 

 

カテゴリ:車の正しい売り方 

ページの先頭へ