下取りと買取りの違い

下取りと買取りの違いとは

車を売る際に、よく下取りとか買取りとか耳にしますよね。この下取りと買取りの違いってご存知ですか?

その名の通り、車を買い替えるときに同時に車を引き取ってもらうことを下取り。車だけ引き取ってもらうことを買取りといいます。しかし、違いはそれだけでなく引き取ってもらう際の査定金額に大きな差があるんです。

下取りと買取りってどっちが高く買い取ってもらえるの?

ズバリ買取りです。

新車販売店のディーラーさんや中古車販売店さんは下取りで入庫した車をそのまま店頭で販売することはほとんどありません。その理由は、お客さんが点検や整備などでそのディーラーさんや中古車販売店さんに足を運ぶことがあります。その時に今まで乗っていた車が展示されてプライスをみたら気を悪くするかもしれないからです。

ではディーラさんや中古車販売店さんは下取りした車をどうするのでしょうか。それはすぐにオートオークションへ出品します。オークションは出品する際に陸送代や出品料など経費が掛かります。その為オークション相場よりも数万円~数十万円安く査定金額を提示するのです。また、新たに購入する車の値引きと下取り価格を合算して提示されるため明確な下取り価格や値引き金額が分からない場合が多いのです。

しかも、それが1店舗目であればなおさら言えることです。購入時に何店舗も回って下取り価格を提示されているのであれば、おおよその下取り価格が分かってくるでしょう。そうなると、下取り価格よりも購入する車の方にばかり目がいき、下取り価格の価値なんてどうでもよくなる人が多いのです。

買取店の方が査定価格が高いわけ

買取店は車を買い取るだけなのになぜ下取り価格より高いのでしょうか。

買取店は全国のネットワークを利用してその車の買い手を探します。また、オークション会場と提携している買取業者も多いため、リアルタイムの買取相場を把握しているのです。

その為ディーラーや中古車店よりも素早く転売することができ、オークションに出品する際にかかるコストを抑えることが出来るため下取りよりも買取りの方が高いというわけです。

過走行車や事故車でも買取りできるの?

一般的に10年落ちや10万km以上走った車、事故車は買取りできないのは大きな間違いです。

国内の中古車市場では10年落ち、10万km以上走った車、事故歴アリの車でも格安ながら販売されており、実際に需要も高いのが現状です。それらの車を専門的に扱う販売店も増えています

また、国内だけでなく海外でも日本車の人気が高く、内外装の程度は関係なく、走行距離や事故歴なんかも全くと言って関係ありません。年式に関しても逆に新しい車の方が関税にかかる費用が高いため年式が低いほど好まれるのです。

 

 

 

カテゴリ:車の正しい売り方 

ページの先頭へ