査定価格の3つの違い

自動車を売却する際に下取りで売るのか、買取りで売るのかで大きな差が出ます。

 

また自動車の査定には大きく分けて3通りあります。

 

①査定価格表による加点、減点方式による査定価格算出方法。

 

②国内の中古車市場の相場を参考に査定価格を算出する方法。

 

③海外での中古車相場から査定価格を算出される方法。

 

このように3通りある中でどれが一番高く売ることができてどのような形で売るのがベストなのかを説明しましょう。

 

下取りと買取りの違い

まず、売却方法ですが、下取りと買取りの大きな違いは金額の差です。

 

下取りで売却する際の査定基準

下取り価格は、次に購入する自動車の値引きなども含めて金額を提示されるためその下取り価格が高いのか、低いのか不透明な部分があります。また、購入する車にオプションを付けることでさらに下取り価格が上がる場合があり、はたしてその価格が正当なのか疑問点が多いのです。

 

下取りをする販売店は、主にディーラーや中古車販売店になりますが、査定算出方法は①の査定価格表(レッドブック)からの減点方式になることが多く、加点されることはほとんどありません。なぜなら販売店はその車を在庫車として抱えなければなりません。仕入れは極力安く抑えたいところが本音です。その車を販売する際に整備しなければなりませんし、保証もしなければなりません。よって①の方法で下取りに出すことは愛車の査定価格を一番損ねてしまいます。

 

 

 

では、買取りでの査定価格はどうでしょうか。

ここ数年買取り専門店の店舗数が急激に伸びています。これは買取専門店の査定算出方法がユーザーにとっても満足していただけている証拠といっても過言ではないでしょう。買取専門店の査定算出は②の中古車市場の相場を基に算出されます。その中古車相場というのはオートオークションの平均価格になりますので、事故車や過走行車でも相場が高ければ査定価格も高いのです。しかも、買取専門店は買取りした車を在庫車として抱えず、すぐにオークション会場へ競りにかけるためコストもかかりません。それが買取専門店が増加する理由のひとつでしょう。

 

フォーム入力後3秒で愛車の価値がわかります→

 

 

国内の中古車相場が0円で廃車扱いされた場合。

年式が古く、走行距離も多いために査定価格が0円と評価された場合は、いわいる廃車となります。しかし、その廃車された車でもリサイクルとして価値は出ます。しかし、意外と知られていない売却方法が海外へ輸出することです。

 

海外では(アフリカ、ミャンマー、モンゴルなど)日本車が大変人気があります。その車種により査定価格は異なりますが、中には古ければ古いほどいい車もあります。なぜ日本車が人気なのか?それは日本車のエンジン、ミッション、コンピューターなどの性能が高く、壊れにくいからです。

 

これにより数年前からリサイクルとして廃車を買い取る業者よりも海外へ輸出する業者が増えているのが現状です。この海外の買取相場の情報はディーラーや中古車販売店、買取専門店には入らず、輸出業者の独自ルートによるものですから直接、査定の依頼をしましょう。

 

輸出業者への査定依頼はコチラ→

 

 

結論を言うと、買取店できれば複数の買取店で査定をしてもらい、そこで希望金額に満たない場合は輸出業者へ査定してもらうことです。『年式が古い、走行が多い、事故車』だからと言って決して0円で廃車しないことです。

 

 

福岡県内の廃車買取対応地域

北九州市
-門司区
-若松区
-戸畑区
-小倉北区
-小倉南区
-八幡東区
-八幡西区
福岡市
-東区
-博多区
-中央区
-南区
-西区
-城南区
-早良区
大牟田市
久留米市
直方市
飯塚市
田川市
柳川市
八女市
筑後市
大川市

行橋市
豊前市
中間市
小郡市
筑紫野市
春日市
大野城市
宗像市
太宰府市
古賀市
福津市
うきは市
宮若市
嘉麻市
朝倉市
みやま市
糸島市
那珂川町
宇美町
篠栗町
志免町
須恵町
新宮町
久山町
粕屋町

芦屋町
水巻町
岡垣町
遠賀町
小竹町
鞍手町
桂川町
筑前町
東峰村
大刀洗町
大木町
広川町
香春町
添田町
糸田町
川崎町
大任町
赤村
福智町
苅田町
みやこ町
吉富町
上毛町
築上町