車のランニングコスト

自動車を所有していると税金、駐車場代、保険代そして車検代とランニングコストがかかってしまいます。それは車を使用してなくても必然的にかかってくるものであり、公平にかけられています。今でこそ任意保険は年間の走行距離で保険料が変わるシステムになっていますが、税金や車検代、駐車場代は全く同じです。

 

それらのランニングコストは一体どれくらいかかるのか1500ccクラスの車で計算してみました。ちなみに任意保険、駐車場代は含めずに計算します。

 

例えば新車で購入し3年間乗ったとします。

1年目

自動車税・・・34500円

2年目

自動車税・・・34500円

3年目

自動車税・・・34500円

車 検 代 ・・・70000円

 

合 計・・・173500円

 

こんなにかかるんですね~しかもこれプラス任意保険、駐車場、ガソリン代がプラスされるわけですから、月々にすると約10000円以上はかかります。若者の車離れが急増するわけです。

 

で、何が言いたいかというと、新車からなら3年。中古車なら4年を一つの区切りとして、車検を受けずに一旦その車の査定価格を調べてみては?ということです。

 

なぜかというと、新車から3年落ちというのは、中古車市場でもねらい目の程度でありワンオーナーというのは非常に魅力的なんです。しかも査定価格の相場も新車価格の約50%~60%は出ます。つまり、新車購入価格が200万円だとしたら100万円~120万円は出るということ。また同クラスの新車を購入するとしたら追い金が80万円~100万円で購入できるんですね。

 

『そんな金ねーよ!!』という人も多いかと思いますが、現在、各ディーラーが据え置き型(残価設定型)ローンでの販売に力を入れているのは程度の良い中古車が欲しいからなんです!据え置き型(残価設定型)ローンだったら新車価格の半分を3年間で支払う。3年後にまた乗り換える(下取りの売却先は原則自由)。

 

200万円のうち100万円を3年で支払う→3年後120万円の査定が出る→残価の100万円を査定額120万円で清算する。→20万円頭金として使う。→80万円を3年間で支払う。

 

というシステムですね。こういうシステムで車を購入すれば月々にも余裕が生まれ、なおかつ車検を受けずに新車にコロコロ乗り換えができるんですね~♪

 

しかし、問題が一つ。

 

売却先を購入したところだけに絞ると、その査定金額が適正なのか分かりません。また、下取り価格よりも複数による買取業者による査定金額の方がよっぽど上ということです。基本的にローンでの購入となると購入した販売店で清算や買い替えしないといけない訳ではありません!!

どうせ乗り換えるのなら高く売って、安く買うに限ります!!

 

3年後のライフスタイルも変わるし、それに合った車も必要となるでしょう。時代の変化に合ったエコカー(ハイブリッドカー、EV車、クリーンディーゼル)が続々登場しています。『お金がないから買えない』というより、利口な売り方、買い方を知らない人が多いだけと思います。。。